【兵庫】「BERRYHOUSE」でイチゴ狩り=2018年1月新規オープン

「あきひめ」という品種です。

こちらが「あきひめ」です。

漢字では「章姫」と書くそうです。
こちらの「あきひめ」は「紅ほっぺ」に比べて柔らかく、ジューシーです。酸味が「紅ほっぺ」より少なく、甘みを強く感じます。ちょっとみずみずしさもあります。

こちらもお皿に盛ると、

きれいですよね。
そして

練乳がけです。

いったいいくつイチゴを食べたでしょうか。50個では、きかないでしょうね。
そろそろ「食べ尽くした感」を感じながら、テーブル席でまったりしている(と言っても、まだイチゴを食べてましたが)と、係の方がこられて40分が終了。個人的には、ちょうど、ぴったりの時間でした。

私たちはイチゴを摘んではそのまま食べ、という感じでしたが、

このようにイチゴを洗える場所もあります。

一つ勉強になったのは、イチゴの自然交配をするために

蜂がビニールハウス内を飛んでいたこと。飛んでいるといっても、刺すようなことはありません。この蜂のおかげで、自然のおいしさが保たれているんですね。感心しました。

私たちはイチゴを食べるのに夢中で頼みませんでしたが、ビニールハウス内では

このようなドリンクもお願いできます。コーヒーとイチゴ、というのも試してみても良かったかなという気がします。
また、

イチゴのソフトクリームなども食べれるそうです。

横のビニールハウスの中を覗くと、

遊具がありました。こちらは500円払ってプレミアムコースでお願いすると、遊べるようです。

プレミアムコースにすると、「紅ほっぺ」「あきひめ」以外にも、「恋みのり」「かおり野」という品種も楽しめるようです。

人生初のいちご狩り、大満足な1日となりました。こちらの「BERRY HOUSE」さんは4月末まで営業されています。
「BERRYHOUSE」さんの情報は「じゃらん」にあります。「じゃらん」のイチゴ狩り情報はこちらです。「イチゴ狩りスポット検索」をクリックし、「関西エリア」に入ってみてください。。「BERYYHOUSE」さんはネット予約するとお得ですよ。

コメントを残す