【大阪・梅田】小籠包・点心の台湾料理・台北料理「鼎泰豐(ディンタイフォン)」阪急梅田本店

小籠包、おいしいですよね。最近は関西でも小籠包のお店、増えてきていると思います。みなさんは、どこがおすすめですか? 私のお気に入りは「鼎泰豐(ディンタイフォン)」さん。今回は阪急梅田本店の方を訪問しました。

訪れたのは平日の午後5時半頃。普段はランチタイムでもディナータイムでも大勢の方であふれ、30分くらい待つのが当たり前の人気のお店ですが、さすがに時間が早かったのか15分程度の待ち時間で、中に入ることができました。

「鼎泰豐」さんは、台湾台北市が本店のお店。日本だけでなく、アメリカや中国、シンガポールなどにもお店があるそうです。実は最初に「鼎泰豐」さんを訪れたのは、アメリカのロサンゼルスに一時駐在していた時。その時の小籠包のおいしさが忘れられず、帰国してからもたびたび訪問するようになりました。

ちなみにロサンゼルスのお店、なかなか豪快です。「小籠包20個」などのメニューがあり、普通にみなさん食べてます。かくいう私たち夫婦もロサンゼルスでは「小籠包20個&青菜の炒め」のようなオーダーをしていました。

日本のお店のいいところは、メニューが豊富な点ですね。小籠包を味わいながら、ほかの料理もいただける、というのが嬉しいですね。今回、私たちは小籠包以外に、「酸辣湯(サンラータン)麺」と「鶏肉のから揚げユウリンソース」をいただきました。

まず「酸辣湯麺」です。

実は「酸辣湯麺」を生まれて初めていただいたのは、2、3年前。こちらの「鼎泰豐」さんではなく、鹿児島の黒酢メーカーが経営されているレストランでした。その時、すごく気に入ったのがきっかけで、「鼎泰豐」さんでもいただくようになりました。
「酸辣湯」は、豊かな酢の酸味と、胡椒などの辛みのあるスープで作られた麺です。酸味が本当に気持ちよく効いていて、夏場でもおいしくいただけます。「鼎泰豐」さんの「酸辣湯麺」は比較的優しい味で、すごく食べやすいです。食べ進めた後、ちょっとお酢を足せば、また違った味を味わえるのもいいですね。

「鶏肉のから揚げユウリンソース」はこちら。

鶏肉が柔らかく、おいしいですよ。こちらもお酢の酸味が食欲をそそります。揚げ物はあまり食べないのですが、こちらの「鶏肉のから揚げユウリンソース」は、いくらでもいけそうです。

そして「小籠包」。

豚肉、ホタテ、蟹みその三種盛です。一番オーソドックスなメニューだと思います。

見てください。

スープがたっぷり入っているのが分かるでしょうか。これを、

生姜と醤油でいただきます。
「鼎泰豐」さんの小籠包は、あふれるスープが圧倒的においしいですね。ちょっと薄めの皮に包まれていて、口の中でそのスープが広がった時の幸福感はたまりません。思い出しただけで、うっとりしてしまいます。世界中で愛されているのが本当によく分かります。

「鼎泰豐」阪急梅田本店さんは、JR大阪駅すぐの阪急梅田本店の12階にあります。本当に普段、大勢の方がお店の前で待っていらっしゃいます。ただ、電話予約はできるよう(すみません、私はしたことがないので正確にはわかりません)なので、もし待つのが嫌ならば、一度電話で問い合わせをしてみられたらいいかと思います。おすすめのお店なので、是非一度訪問してみてください。

鼎泰豊 阪急うめだ本店
ジャンル:点心・飲茶
アクセス:大阪市営御堂筋線梅田(大阪市営)駅6番口 徒歩2分
住所:〒530-8350 大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店12F(地図
周辺のお店のネット予約:
ダーツダイニングバーEclatのコース一覧
うたげどころ うぉっしゅのコース一覧
ビュッフェレストラン ナイト&デイのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 梅田・大阪駅×飲茶・点心
情報掲載日:2018年2月8日

コメントを残す