【ふるさと納税】岐阜県関市のシャープブレッドナイフ(パン切り包丁)

我が家の近所には、高級「生」食パン屋さんが2軒あります。
1斤か2斤で買うので、食べる時に普通の包丁だと、パンが柔らかすぎるのか、うまく切れず、切り口はボソボソしてしまいます。

パン切り包丁で綺麗に切れたら、ちょっと贅沢な生食パンを、もっと美味しくいただけるのでは?と思い、パン切り包丁をAmazonや楽天で探していました。
しかし、1000円代のものは、レビューを見ると、「最初は切れ味はいいけれど」「焼き立てパンは上手く切れない」という感想もあり、長い間購入するのをためらっていました。

そこで「ふるさと納税でないかな?」と思い立ち、探してみると、刃物の町・岐阜県関市のキッチンツールメーカー「サンクラフト」の「シャープブレッドナイフ」がヒットしました。
楽天で検索してみると、送料を含め、2000円前後。
レビューを読むと、評価も高く、包丁自体もあまりかさ高くないようなので、岐阜県関市に「パン切り包丁」を返礼品として、5000円納税しました。

使ったのは、ふるさと納税サイト「ふるなび」です。

正式名は「シャープブレッドナイフ」
納税したのは10月24日、届いたのは、10月28日です。

使えば使うほど、とても使い勝手が良かったので、使い勝手など、感想を書いていきます。

で、まず、包丁はこんな感じ。
細くて軽いですし、長いといっても36.5cm。
台所の引き出しにスッと入り、邪魔になりません。

「MADE IN SEKI JAPAN」とあります。

途中から、包丁の波の幅が狭くなっています。
「ふるなび」のパン切り包丁の紹介欄にもありますが、大きな歯波は硬いパン、腹側の小さい歯波では柔らかいパンを切るためのものだそう。

我が家でも大きな波側で、パンの耳の少し硬いところに入刀し、腹側で柔らかい部分を切る感じで使ってます。

「乃が美」の高級生食パンを買ってきました。

こんな感じでスパっと切れます。

パンだけではありません。アップルパイのようなクシャクシャになってしまいそうな食材も…

綺麗にスパっと気持ちいいぐらいに切れます。

ポムポムプリンまん(カスタードクリーム味)も…

柔らかい皮の部分だけでなく、クリーム部分も綺麗に切れるんですよね。

最近何かケーキやお菓子を切る時は「パン切り包丁持ってきて!」と家で使う頻度も高く、本当に返礼品で貰ってよかった!逸品です。

「ふるなび」の岐阜県関市のシャープブレッドナイフのページはこちらです。

コメントを残す