【大阪・梅田】「そば打ち 松林」

「そば打ち 松林」さんは梅田にあるお蕎麦屋さんです。「ひきたて、打ちたて、ゆでたて」をモットーにした本格的な手打ち蕎麦をいただけるお店です。こうした本格的なお蕎麦屋さん、意外と梅田周辺って少ないですよね。一品料理も多彩で、夜はお酒を飲みながらゆったりとした時間を楽しむこともできます。

場所はJR大阪駅から歩いて5分ぐらいのところ。私の行き方です。まず阪急梅田駅方面に歩いて行き、ショッピングモール「EST」に入ります。そのまま、一番右側の通路をWEST AREAからCENTRAL AREAを抜けてEAST AREAの端まで進んで外に出ます。目の前の信号を渡ったところにある梅田センタービルの地下1階クリスタルプラザにお店があります。

お店の前には

「そば」の大きな看板。ただ、この看板がないとガラス張りのおしゃれな喫茶店と間違えるようなスタイリッシュな外観をしています。
ランチタイムならば、お昼のサービスメニューが掲示されています。

訪問したのは平日の午後1時前。多くのお客さんで賑わっています。ちょっと意外なのは女性客の比率が高いこと。お蕎麦屋さんって、どちらかというと男性客が多いのですが、この日は若い女性の方が多かったです。外観のおしゃれな感じが、女性の人気を呼んでいるのでしょうか。
メニューはこんな感じです。

梅田の繁華街にあって、このお値段で本格的なお蕎麦をいただけるのですから、まずまずリーズナブルなお店だと思います。十割そばもあるのですが、私は

そば粉8割の「二八そば」。大ざるをお願いします。この日は少しお腹もすいていたので

「野沢菜じゃこご飯」をセットでお願いしました。
こちらが、そのお料理。

まずおつゆを見てください。

どうです? このつやがある、おつゆ。見ただけでも分かってもらるのではないでしょうか。醤油がきつすぎず、関西人には食べやすい味だと思います。
薬味は

そして、お蕎麦です。

まさに「手打ちのおそば」という感じ、分かってもらえますか? ひとつまみ食べただけで、蕎麦の味がふわっと口の中に広がります。のどごしもすごくいい、お蕎麦です。
「野沢菜じゃこご飯」は

じゃこと野沢菜がこんなに合うなんて思いもしませんでした。おいしいです。アッという間に完食してしまいました。
最後はやはり

そば湯をいただいて、ほっと一息。この瞬間、蕎麦好きにはたまりませんよね。おいしいお蕎麦を満喫させていただきました。
「そば打ち 松林」さんのお店の説明です。

「そば打ち 松林」さんの情報は「食べログ」にもあります。
興味を持たれた方はこちらからどうぞ。

コメントを残す