【大阪・梅田】地酒とそば・京風おでん「三間堂」阪急梅田北店

「板そば」ってご存じですか? 山形県の名物で、大きな木箱に蕎麦を盛ったものです。以前、山形に出張に行った際、頂いたことがあります。その「板そば」を大阪・梅田でも頂けるお店があると知り、出向きました。

お店の名前は「地酒とそば・京風おでん 三間堂 阪急梅田北店」。場所は阪急三宮駅の近くです。阪急梅田駅茶屋町口を出て、線路沿い、線路の東側の道をずっと北へ歩いて行きます。「済生会病院」の交差点に出たらまずまっすぐ横断歩道を渡ります。さらに西側(左側)の横断歩道を渡ると、阪急の高架下にお店が見えると思います。中津駅からの方が近いようですが、梅田駅からでも歩いて5、6分程度です。

店内はなかなか広いです。

訪問したのは、3月の平日午前11時半過ぎ。まだ開店したばかりで、それほどお客さんがいませんでしたが、私が入った後、次々とお客さんが入ってこられ、正午過ぎにはかなりのテーブルが埋まっていました。お店が広いので、サラリーマンやOLがグループで来られている、という印象です。

お昼のメニューの一例はこちら。

おそばも種類はいろいろあります。

ただ私の訪問目的は「板そば」。

こちらの「板蕎麦御前」を頂きます。150円で

大盛りにできるとのことだったので、大盛りでお願いしました。

こちらが「板蕎麦御前」。

なかなかのボリュームでしょう? お刺し身も

ついています。
おかずも

こんな感じ。ちなみに肉と玉子の間にあるのはチーズです。栄養バランスを考えてのことでしょうか。
美味しかったのは

こちらの天ぷら。色もいいでしょう? 衣の感じもちょうどよく、カラッと揚がっていました。
そしてメインの「板そば」。

大盛りです。どのくらいの量かわかりませんでしたが、3、4人前くらいあるのでしょうか?
お蕎麦は

山形のお蕎麦らしく色は少し黒いのですが、太さは普通です。山形で頂いた「板そば」は太切りで、少し固かったイメージがあるのですが、こちらのお蕎麦は普通のお蕎麦に近い感じですかね。
おつゆは

やや薄めの「板そば」らしい、おつゆです。非常に食べやすいので、量はあっても、つるつる頂けます。
お蕎麦を頂いた後は

「蕎麦湯」。店員さんに声をかければ持ってきて頂けます。

全体的には、本格的なお蕎麦をいただけるお店、というよりは、いろいろな料理とともにお蕎麦を楽しめるお店、という感じですかね。天ぷらをはじめ、個々の料理は美味しかったです。

ちなみに、店名の「三間堂」にちなみ、

「3」の付く日には、当日来た人だけのお得なサービスがあるそうです。
「地酒」とうたっているお店らしく、

お酒にはこだっていらっしゃるようです。お酒をいただきながら、食事を楽しみ、締めにおそば、というのもいいのではないでしょうか。お店が広いので、歓送迎会にも向いていると思います。

地酒とそば・京風おでん「三間堂」阪急梅田北店さんの情報は「食べログ」にあります。興味を持たれた方はこちらからどうぞ。夜ならお得なクーポンもありますし、ネット予約も出来ますよ。

コメントを残す